フラワーオブライフ、メタトロンキューブ等の神聖幾何学やヘンプのアイテム、高品質の天然石やジュエリー等を販売する老舗クリスタルショップです。

30周年を迎えたK C JONES スペシャルインタビュー (3)

石との出会い

interviewer
keiko

ところで、
石との出会いはどんな感じだったんですか?


Ninomiya
NINO

僕アメリカで出会ってるんですよね。
最初グレイトフル・デッド(Grateful Dead)
専門店やってたんで、仕入れに
サンフランシスコに行った時に。

デッドのショーやってて。
その時に、パーキングロットで
いっぱい物売ってるわけですよ。

その中に、クリスタル売ってる
ヒッピーがいっぱいいてね。

で、なんか、綺麗だなぁって。
カリフォルニアの太陽の光に照らされて
キラ〜って光ってね。

その頃マクラメで編んだり、
ワイヤーワークで作ったりとかの
ヒッピーのアートがすごくて。

かなり感動して。それが始まり。

30年前ですよ。1989年の夏だったかな。


Ninomiya
NINO

それこそ、平成への切り替わり。
日本では節目の年だったと思う。

昭和が終わった年でもあるし、
バブルがはじけた年でもあり、
消費税が始まったのかな?
かなり、大っきな節目の年でしたね。

昭和天皇がなくなったって大きいですよ、すっごい。
神様だった人ですからね、昭和天皇は。
万歳してみんな死んでったわけじゃないですか。


Ninomiya
NINO

89年はかなりの日本が
大きく変わった年でもあるし、
僕自身もK C JONESを始めて、
そこから人生始まったと言っても
過言ではないくらいの年ですね。


日本人のスピリットと縄文

Ninomiya
NINO

あの頃のアメリカはまだ光ってましたね。


interviewer
keiko

まだっていうのはどういう感じですか?


Ninomiya
NINO

今は全然、もう、僕の中では終わっちゃったというか。
断然、七十年代半ばぐらいのほうが。
僕の年代から言うと、ものすごい光ってて、
90年代からがーっとつまらなくなってきちゃった。

なんか資本主義のシステムっていうか。
それが、こう、機能しなくなってきて。

M&Aとか、
自分のスピリットを
お金で売り渡すのが多くなってきて、
刺激的な良いお店も全部なくなって、
チェーン店とかモールとかばっかり出来ちゃって。


interviewer
keiko

なんか、音楽とかにも表れてる感じですよね、それが。
80年代までが良かったですよね。
90年代からはだいぶ違った感じになってきましたよね。


Ninomiya
NINO

いやもう、ロックミュージックに関しては
70年代が多分ピークで。
そこからは徐々にこう、、、

資本主義が全然空回りし始めちゃってるんじゃないですか? 
一部の金持ちだけがなんというか...。
今、それを日本が追随しているというか。


Ninomiya
NINO

考えてみると、
ほんと日本てアメリカの真似ばっかりでしょ。
僕なんてその洗礼を受けて生きてきたけど。
コンビニだって、モールだって、
ファミレスだって。全部そうでしょ?

いい加減そのマインドコントロールを抜けて、
日本人のスピリットを思い出すっていう時期
かと。

で、その一番のソースは縄文にあると僕は思っていて。


interviewer
keiko

そしてそれが石と。


Ninomiya
NINO

そう、日本において、
一般に石が沢山使われていたのは縄文。
それ以降、だんだん衰退してて、
ここ100年くらいなんだよね、
石が一般の人達に普及し始めたのが。

その間ずーっと空白の時代があるわけですよ。
日本人がたくさん石を使っていた
縄文時代には何かあるんじゃないかな
、と。


Ninomiya
NINO

そんなわけで、黒曜石と。


日本産の石に注目するわけ

Ninomiya
NINO

石の産地はその土地のエネルギーを表現しているので、
そういう意味では、最近特に、
日本産の石に意識を向けてみたい
なと思って動いています。


interviewer
keiko

やっぱり日本産の石と、海外産の石は違いますか?


Ninomiya
NINO

例えばヒスイ。
ミャンマーの翡翠と糸魚川の翡翠だと感じがかなり違うんですよね。

日本産は石って繊細で、優しい石が多いんですね。


interviewer
keiko

なるほどですね。
それは日本の社会的な意識とも関係してるんでしょうかね?


Ninomiya
NINO

そうですねぇ、日本に生まれた意味ってのがやっぱりあるでしょうからね。

若いころはアメリカがすごい光ってるという
洗脳を受けてたので憧れはある。

若い時のそれは自分を作ってるので消せないけれど、
今となっては、日本に生まれてきた意味、
というのを考えてみたい
ですね。


interviewer
keiko

だからといって
今後海外からの石は取り入れない
ということではないんですよね?


Ninomiya
NINO

究極的には国っていう概念も
なくなるんじゃないかと思っているので、
一つの地球という考え方をすれば
どこの国でも関係ないってのもあるけれど


Ninomiya
NINO

人々は生まれた地域の波動を保持しているのでね。

そういう意味では日本の石に注目してるんですけど、
でも、そこにこだわってるってことでも全然なくて。
その地域の波動、ということですね。

磁場の波動というかね。その土地の波動というかね。


土地の歴史を引き継ぐ石と付き合う

interviewer
keiko

その土地の波動に共鳴して生きるとは
どういうことですかね? 


Ninomiya
NINO

その土地の歴史とかもずっと引き継がれてきているので、
そこでのエネルギーの浄化だったりとかも重要だと思うんですよね。


Ninomiya
NINO

いろんなこの2000年〜3000年の負の波動。
争いとかもあっただろうし、
その前の豊かだった時代もあるだろうし。

そういうものをどう使っていくか、
どう浄化していくか
とかね。

そこも、人と地球のコミュニケーション
ということにおいて重要だと思う
んですよね。


interviewer
keiko

その辺って、
これをこちらがとうとうと説明するのではなくって、
それぞれの石から
みんなに感じ取ってもらえればなぁってところですよね。


Ninomiya
NINO

そう、これはもう、感じていただくしかないので。
言葉で言うことではなくって、
感じていただければ僕も本望。


interviewer
keiko

頭で理解することじゃないですもんね?


Ninomiya
NINO

そうなんですよね。


interviewer
keiko

なるほど。
これで、敢えてクリスタルのいわゆる
「効能」を書かないって
理由ががとってもよくわかりますね。


Ninomiya
NINO

そうなんですよ。 効能書いちゃうと、
来たお客さんが効能から先に見ちゃう
んですよ。
そうすると、石の本質ではないとこで頭が働いちゃうんで。

何もなければ、石から入るしかない。
そうすると石とのいい出会いができる
っていうね。

効能書くとどうしても狭くなっちゃうんですよね。


Ninomiya
NINO

結局、直感的に選んだ石が
一番深い付き合いになったりだとか、
長い付き合いになったりする場合が多いんで。

友達選ぶ場合もそうじゃないですか?
あの人は、こういうとこが、とかいうより、
直感で知り合った方が深く付き合えるのと同じですよね。



インタビューは続きます。続編はこちら☆


:::back number:::
30周年インタビュー(1)
30周年インタビュー(2)

Ninomiya インタビュイー: 二ノ宮直樹
K C JONES Crystal Shop オーナー
1989年K C JONESを下北沢にオープン。
サンフランシスコから輸入したグレイトフルデッド商品等を扱う。1992年K C JONESを渋谷区代官山に移転、クリスタル専門店にリニューアル。「クリスタルを通じて、地球とのコネクトを強く持って欲しい」そんな想いとともに、厳選されたクリスタルを扱い、神聖幾何学を応用したオリジナル商品を企画開発販売している。2019年8月、店舗を兵庫県芦屋市に移転リニューアルオープン。
interviewer インタビュアー: アマナ*ケイコ
Wakeup Artist.
隠れ家音叉ヒーリングサロン *pukalani*オーナー
2004年より音叉によるサウンドヒーリングを中心に、意識とボディの目覚めを促すエネルギーヒーリングセッションを提供。2019年はマウイのpukalaniとの繋がりが強化され 海外と日本を行き来しながら 意識の世界、音の世界、幾何学の世界を探求中。
  • SGcube
  • 山宮カット
  • 水晶のらせんを生かしたサンダルフォンらせんブレスレット
  • 神聖幾何学

  • 天然石.原石
  • ポリッシュクリスタル
  • アクセサリー
  • ヘンプ紐・セージ
  • K C JONES クリスタルヒーリング
  • クリスタルの選び方・取り扱い・浄化方法
  • K C JONES オーナーインタビュー